第19回練習会

2019/02/17 3:11 に FPA事務局 が投稿   [ 2019/03/22 7:25 に更新しました ]
2月17日(日)、田村陸上競技場にて練習を行いました。
毎年この時期は積雪のため中止になることが多かったのですが、今日は雪のない晴れ間の中で練習をすることができました。
選手とスタッフ合わせて30名、各種目に分かれてトレーニングをしました。

短距離チームは4名で、いつもは前に出ない静かな選手がリードしてアップを行いました。
キャリアはあるので、積み重ねてきたアップの方法をとても丁寧に後輩たちに伝えていました。
昨年ケガをして復活した選手は、別メニューで念入りにアップ!!
寒い季節は少しの油断でケガに繋がることもあります。
ケガを経験して悔しい思いをしたからこそ、時間をかけて体を温めていて「成長している」と感じました。

中長距離チームは3名で、先輩が余裕の走りを見せていました。
この季節は動かない時間が長いので、スタミナが切れてしまいます。
毎日のように家族と走っている選手はやはり持久力が違いますね!!
冬シーズンにかけたトレーニングの成果がそろそろ出始めて来ているようです。

車いすレーサーチームは先日行われた福島県障がい者スポーツ協会主催のウインタースポーツ教室で「クロスカントリー」をシットスキーで体験してきました。
(今日の写真と一緒にその様子を掲載しますのでご覧ください)
その後は笑うと腹筋に響くくらい筋肉痛になったそうです。
普段、使わない筋肉を動かすことができ、競技場とは全く違う景色の中で自然を満喫しながらのトレーニングでした。
来年は他の選手も冬季トレーニングの一環として参加できたらいいですね!!

投擲チームは福島にいる日本代表選手のコーチにアドバイスをいただき、とても刺激を受けたようです。
年齢も住んでいる場所も性別も幅広い投擲チームですが、一番チームワークが良く、いつも笑っています。
練習前に来年度に向けて競技の選択を悩んでいる選手がいましたが、練習が終わる頃には悩んでいたことがスッキリしたようです。

家庭でもなく、学校でもなく、職場でもない場所なので、練習会は選手にとっていいリフレッシュの場になっています。
同じ陸上が好きな仲間といるだけで、励まされることも多いんでしょうね。
辛いことがあっても、苦しいことがあっても、福島パラ陸協に来れば元気が出てまた頑張れる、そんな居場所でありたいです!!
ą
FPA事務局,
2019/02/17 3:11
ą
FPA事務局,
2019/02/17 3:11
ą
FPA事務局,
2019/02/17 3:11
ą
FPA事務局,
2019/02/17 3:11
ą
FPA事務局,
2019/02/17 3:11
ą
FPA事務局,
2019/02/17 3:11
ą
FPA事務局,
2019/02/17 3:11
ą
FPA事務局,
2019/02/17 3:11
ą
FPA事務局,
2019/02/17 3:11
ą
FPA事務局,
2019/02/17 3:11
ą
FPA事務局,
2019/02/17 3:11
ą
FPA事務局,
2019/02/17 3:11
ą
FPA事務局,
2019/02/17 3:11
Comments