ネパールパラ陸上選手学校訪問交流事業 参加報告

2019/09/17 6:35 に FPA事務局 が投稿   [ 2019/09/23 6:36 に更新しました ]
いつも練習会場として陸上競技場を利用させて頂いている田村市からの依頼がありました。
東京2020オリンピック・パラリンピック開催のため、ネパールのホストタウンとなっている田村市に選手が訪れています。
パラ陸上選手と留学生と小学生の交流会でパラスポーツ体験をお願いしたいという内容でした。
私たち福島パラ陸上競技協会のスタッフが架け橋となって、子どもたちと「ガイドランナー」「車いすレーサー」「ボッチャ」の体験をしました!!
小学生たちは初めての体験ばかりで素直な反応を見せてくれました。
「楽しい」「もっとやりたい」と言っていただけて、ネパールの皆さんも子どもたちの姿を見て笑顔でした。
給食の時間もお招きいただき、競技場ではできない交流をすることができました。

午後からは練習会です。
T11の選手はロンドンとリオに出場したパラリンピアンで、競技規則が公認の「テザー」を使用することに変更になったと伝え、実物を使用してレクチャーすることができました。
T46の選手はスターティングブロックをネパールで使用した経験がなく、田村陸上競技場の用具をお借りして、スタートを集中して練習することができました。

少しの時間でしたが、福島パラ陸上競技協会のスタッフが協力し合って、言葉の壁にも負けず、大事なことを伝えることができたと思います。
スタートの感覚を掴むことができ、満足そうなネパールの選手の表情を見ることができて良かったです。
明日も引き続き練習を行いますので、ぜひ東京パラリンピックを目指して頑張って欲しいです。

このような素敵な機会を下さった田村市の皆さん、ありがとうございました。


ą
FPA事務局,
2019/09/17 6:35
ą
FPA事務局,
2019/09/17 6:35
ą
FPA事務局,
2019/09/17 6:35
ą
FPA事務局,
2019/09/17 6:35
ą
FPA事務局,
2019/09/17 6:35
ą
FPA事務局,
2019/09/17 6:35
Comments