パラ駅伝2019 出場

2019/03/24 7:39 に FPA事務局 が投稿   [ 2019/04/11 9:29 に更新しました ]
毎年、春が近づいてくるこの時期に「パラ駅伝」が東京の「駒沢オリンピック公園」で開催されます。
「パラ」の言葉には「もう一つの」という意味があります。
この大会は障がいの有る無しに関わらず、誰もが同じチームで走ります。
目が見えない、耳が聞こえない、車いすを使っている、考えるのがゆっくり、走るのが得意、走るのが好きなどなど。
みんな一緒でいいじゃない、一緒にチーム組んで走ろうよという感じの大会です。

都道府県ごとにチームを作り、特色あるチーム名がつけられています。
福島県は特産品の「もも」にちなんで「ピーチダイヤモンド」です!!
ダイヤの原石がキラキラ輝いて欲しいという意味もあるんですって。

当協会からは、沖田歩夢選手が選ばれました。
短距離選手だったので「ゴールが遠い」と涙を流しながら最初は走っていました。
それが今では前だけを見て、黙々と自分のペースで走り続ける選手に成長しました。
来年度の大会エントリーは「800m」にチャレンジするそうです。
パラ駅伝と出会ったことで、目標が変化しました。
第5区を走り、タスキリレーし、無事に完走することができたそうです!!

トレーニングを頑張った成果が出て良かったですね!!

以下、帯同した丹野コーチのレポートです。

パラ駅伝の結果
福島ピーチダイヤモンドは総合7位でした。
沖田くんは区間14位でしたが、最後まで諦めず、走りきりました。
6区を走った新田選手は2年連続で区間賞を獲得しました。

5区の沖田選手がタスキを繋いだからこその区間賞獲得だと思います。
福島ピーチダイヤモンドの選手のみなさん、おめでとうございます!!


ą
FPA事務局,
2019/03/24 7:39
Comments