連絡‎ > ‎

台風19号による福島県の状況について

2019/10/13 23:24 に FPA事務局 が投稿
史上最強と言われる台風19号の接近で、全国障害者スポーツ大会が中止となり、台風が来る前に選手たちは無事に自宅に帰ることができました。
13日の練習会は危険と判断し、中止としました。
12日夜には福島県に特別警報が発令され、河川の増水、土砂災害の危険性がある地区には全員避難の避難勧告が出されました。

状況としては、河川流域が氾濫し、大規模な浸水の被害が出ています。
選手の皆さんの無事を確認しました。
スタッフの自宅に浸水の被害が出ましたが、水が引き、片付けを進めております。
通行止め、電車やバスの運休、浸水の被害により生活ができない地域もありますが、徐々に動き始めています。

福島県は東日本大震災を経験し、その年に水害も起きました。
今回の台風により、再び災害にあいました。

大会や合宿等で出会った皆さんから「力になれることがあれば言ってください」と連絡をいただき、ありがとうございました。
遠くにいても気にかけて支えてくださる皆さんがいること、とても励みになります。
たくさんの繋がりができたこと、改めて嬉しく思いました。

FPAを知っている皆さんであればお分かりかと思いますが、私たちはいつも笑顔のエネルギーに溢れています。
また笑顔でお会いできるように、復興に向けて、支え合って助け合って行きたいと思います。

落ち着いたら、来年度に向けて、大会や合宿の準備を新たに進めて行きたいと思いますので、ぜひ福島にお越しくださいね!!
Comments