練習会・大会結果報告


第13回練習会

2019/10/30 6:29 に FPA事務局 が投稿

10月27日(日)田村陸上競技場にて練習会を行いました。
台風19号の影響で前回の練習会を中止としたため、久しぶりに無事な姿を確認できて安心しました。
まだ電車が動かず練習に来られなかったり、浸水の被害で生活が戻らない仲間もおりますが、下を向いてもいられませんので気合いを入れて練習をしました。
大会が終わり、本格的に来シーズンに向けてのトレーニング開始です。
今までにない本数を走ったり、限界を超えるまで漕いだり、今まで聞いたことのない追い込みをしていました。
それが来年の結果を左右する一歩だと思って、全員が気を抜かなかった練習会だったと思います。
当たり前に練習ができる喜びも一緒に味わった1日でした。

全国障害者スポーツ大会「いきいき茨城ゆめ大会」報告

2019/10/13 22:41 に FPA事務局 が投稿   [ 2019/10/14 7:42 に更新しました ]

10月10日、福島県庁にて結団式を行いました。
FPAからは4名の選手が福島県代表選手として選ばれ、3年連続出場となる七海竜也選手が旗手となりました。
台風19号の接近により中止が決まっていた競技の選手は結団式はおらず、いつもと様子が違った雰囲気を感じました。
結団式を終え、バスに乗り込み、県庁の皆さん、応援の皆さんに見送られて出発しました。
移動中、空は晴れていて順調に茨城に向かっておりましたが、14:05に大会の全日程中止が決まりました。
選手団はサービスエリアで待機、県担当者と総監督、各競技の監督で協議を行い、バスの中で選手の皆さんに告知をしました。
その瞬間の選手の皆さんの驚きやため息、落ち込んだ空気は痛いほど心に刺さりました。
福島県選手団はホテルまで移動し、1泊2日で帰ることになりました。
他の選手団の皆さんともお会いしましたが、帰る手段がないということでいつ帰れるか分からず悶々とした選手団もおりました。
総監督から「短い時間となりましたが楽しんで…」という言葉通り、夕食やお風呂、部屋での生活、競技を越えて交流をしました。
朝を迎え、ホテルの外の海は昨日より波が高く、台風の接近を感じました。
バスの出発まで時間がありましたので、選手団揃って近くの「めんたいパーク」まで行きました。
今回選ばれた選手の皆さんは初出場の方が多く、外出の機会も少ないそうで、年齢や居住地も違う皆さんと一緒に時間を過ごすだけで笑顔が溢れていました。
たった2日の期間ではありましたが、選手の皆さんが声を掛け合い、助け合い、笑って過ごしている姿を見て、寂しいような嬉しいような、正直なところ「もっと一緒に過ごしたかった」という思いです。
朝起きて、選手が「私が何か悪いことしたんだべか…練習したのにでらんないなんて…」とふと漏らした一言、忘れられません。
ですが、茨城県の「中止」という決断は正しく素晴らしかったです。
私たちの安全を一番に考えての決断により、台風が来る前に福島に帰って来ることができて良かったです。
1泊2日の間、大会期間中配属になる福島県担当の皆さん、受け入れから最後の見送りまでしてくれたホテルの皆さん、会えませんでしたが大会の準備をして待ってくれていた茨城県の皆さん、すべての皆様に感謝申し上げます。

選手と役員は無事に福島に帰って来ることができ、次に向けて気持ちを切り替えました。
大会に出られなかったことが、次へのモチベーションに繋がりました!!
自然災害には誰も勝てませんし、中止になったことを責めても変わりません。

来年の全国障害者スポーツ大会は鹿児島県です。
今年のリベンジを懸けて、茨城大会に選ばれた選手は来年の県総体に臨みますので、ライバル多いですよ!!
選手の皆さんは来シーズンに向けて、トレーニング頑張って行きましょう。

大会に出られない悔しさを乗り越えて楽しんできたので、思い出の写真ぜひ見てください。

鶴ヶ城ハーフマラソン大会 出場

2019/10/13 21:53 に FPA事務局 が投稿   [ 2019/10/14 7:31 に更新しました ]

10月6日(日)、あいづ総合運動公園を会場に大会が開催されました。
今年の出場者数は過去最多の9008名で、大会の認知度と関心が高まっていると感じました。
生活用車いす部門に当協会から3名の選手が出場いたしました。
競技場をスタートし、運動公園の中を走って、競技場に戻る1キロのコースです。
普段は投擲専門の林下選手、スタートダッシュが早く、最後まで全力で駆け抜けて、他者を寄せつけない勢いでゴールしました。
普段はレーサーに乗っている凛香選手、林下選手のダッシュに驚きながらも必死に食らいつく走りを見せていました。
2位の結果に悔しい表情を浮かべていましたが、スタートの課題を見つけたようなので、来年の走りに期待です。
菜々美選手は去年は応援に来ていましたが、今年は出場です!!
大会は慣れていますので、どんなコースでも表情を変えずに走ります。
2人の走りを後ろから見ながらも、冷静に自分のペースで走りきりました。
ゴールすると笑顔になるので、アスリートスイッチが入った時のメンタルが強いんだなぁと思います。
最終結果は12名の出場中、表彰台をFPAが独占しました!!
ステージの上で3人が並ぶ姿はカッコよかったです。
それぞれの選手の新たな可能性が見えた大会でした。
運営スタッフとしてFPAからも4名のスタッフがお手伝いさせていただきました。
会津ならではのおもてなしがある、故郷を盛り上げるようなあたたかい大会ですので、パラ陸上の出場選手が増えたら嬉しいです。

第11回・12回 練習会

2019/10/13 21:27 に FPA事務局 が投稿   [ 2019/10/13 21:28 に更新しました ]

9月29日(日)、田村陸上競技場にて練習を行いました。
全国障害者スポーツ大会に出場する選手の皆さんは大会前の説明会に参加し、確認をしました。
雨が降っており、天候を見ながらでしたが、全国障害者スポーツ大会の選手の皆さんが最後の練習ができるようにトラック選手は競技場外のスペースを有効活用。
ロードレースが行える競技場ですので、ほどよく緩急があり、トレーニングには最適です。
レーサー選手は体幹トレーニング、フィールド選手は雨の中でもワイワイと盛り上がって練習を行っていました。

10月13日の練習会は、台風19号接近のため、10日に中止の判断をし、選手の皆さんにお知らせ致しました。

次回の練習は10月27日(日)9:00〜12:00、田村陸上競技場で行います。

合同強化練習会INいわき 開催

2019/09/24 6:55 に FPA事務局 が投稿   [ 2019/09/27 7:13 に更新しました ]

福島パラ陸上競技協会主催の合同合宿を、9月21日〜23日の3日間にかけて、いわき市で開催いたしました。
サントリーから助成をいただきまして、当初は震災に遭った東北被災3県を中心にと考えておりました。
集まった皆さんは北海道は札幌、南は東京、千葉のチームからも参加してくださり、選手は31名!!
予想を超えた人数の皆様が福島に集まり、コーチも合わせると50名になりました。
当協会が主催している北海道・東北パラ陸上競技選手権大会に出場している方が多く、再会を果たせました。
大会で競うことはあっても、一緒に練習をすることは初めてで、どんな風になるのか全く予想がつきませんでした。
しかし、いざ始まってみると、志ある選手の皆さんの表情が引き締まり、いい緊張感がありました。
コーチの皆さんも、意識が高まり、お互い情報交換しながら、生き生きと指導していました。
生活を共にし、温泉に一緒に入り、福島の風を浴びながら走り、福島の食を味わい、福島の人のあたたかさを感じていただけていたら嬉しいです。
参加者の皆さんが笑顔で帰って行ったことが、私たち福島パラ陸上競技協会の喜びです!!
またパラ陸上の舞台で会えるのを楽しみに、これからもそれぞれの場所で頑張りましょう。
得たことが大きかった今回の合宿、参加者の皆さんのおかげです。ありがとうございました。

この合宿を開催するにあたり、各方面の皆様に大変お世話になりました。
心より御礼申し上げます。


ネパールパラ陸上選手学校訪問交流事業 参加報告

2019/09/17 6:35 に FPA事務局 が投稿   [ 2019/09/23 6:36 に更新しました ]

いつも練習会場として陸上競技場を利用させて頂いている田村市からの依頼がありました。
東京2020オリンピック・パラリンピック開催のため、ネパールのホストタウンとなっている田村市に選手が訪れています。
パラ陸上選手と留学生と小学生の交流会でパラスポーツ体験をお願いしたいという内容でした。
私たち福島パラ陸上競技協会のスタッフが架け橋となって、子どもたちと「ガイドランナー」「車いすレーサー」「ボッチャ」の体験をしました!!
小学生たちは初めての体験ばかりで素直な反応を見せてくれました。
「楽しい」「もっとやりたい」と言っていただけて、ネパールの皆さんも子どもたちの姿を見て笑顔でした。
給食の時間もお招きいただき、競技場ではできない交流をすることができました。

午後からは練習会です。
T11の選手はロンドンとリオに出場したパラリンピアンで、競技規則が公認の「テザー」を使用することに変更になったと伝え、実物を使用してレクチャーすることができました。
T46の選手はスターティングブロックをネパールで使用した経験がなく、田村陸上競技場の用具をお借りして、スタートを集中して練習することができました。

少しの時間でしたが、福島パラ陸上競技協会のスタッフが協力し合って、言葉の壁にも負けず、大事なことを伝えることができたと思います。
スタートの感覚を掴むことができ、満足そうなネパールの選手の表情を見ることができて良かったです。
明日も引き続き練習を行いますので、ぜひ東京パラリンピックを目指して頑張って欲しいです。

このような素敵な機会を下さった田村市の皆さん、ありがとうございました。


第10回 練習会

2019/08/25 3:15 に FPA事務局 が投稿   [ 2019/09/23 6:31 に更新しました ]

お盆休みが終わり、朝晩は涼しくなってきましたね。
今日も全国障害者スポーツ大会の練習会と共有してトレーニングを行いました。
今回も短距離長距離チームは別メニューで、トラックから出て山に向かって走って行きました。
レーサーチームは人数が増えて、ボールを使った体幹トレーニングも熱が入っていました。
投擲チームも風がほどよく吹く中で、チームワーク良く練習をしていました。
大会のシーズン中にできた繋がりで、山形、宮城からも選手の皆さんが練習に来てくださいました。
引率してきたコーチのお話では、パラ陸上チームが無かったり、選手はいても指導ができなかったり、練習環境が整わない現状があるそうです。
秋田、栃木の選手も受け入れていますが、どこも同じ悩みを抱えているようです。
他県の現状を踏まえて、福島では9月21日〜23日にかけて「合同練習会」を開催します。
FPAもやっとチームが形になってきて、選手とスタッフの雰囲気も良くなったタイミングで開催することができます。
選手の皆さんが集中してトレーニングに励むことができるように、コーチ陣が横の繋がりでスキルアップができるように、いい時間を過ごせたらいいですね。
たくさんの皆さんの参加をお待ちしております。


第9回 練習会

2019/08/14 20:29 に FPA事務局 が投稿   [ 2019/08/16 8:00 に更新しました ]

8月11日(日)田村陸上競技場におきまして練習会を行いました。
全国障害者スポーツ大会の練習会と合同、田村市の小学校や中学校の陸上チームとも共有して競技場を利用しました。
猛暑が続いていましたが、競技場には心地よい風が吹いていて、久し振りに涼しさを感じました。
最高のコンディションでしたので、いつもとメニューを変えてトレーニングをしました。
大会を終えて、パフォーマンスを上げるための基礎体力づくりからスタートです。

短距離・中長距離チームは、競技場を飛び出して筋力アップトレーニングです。
田村陸上競技場はロードレースを行える場所なので、緩急のある場所が周りにあります。
コーチの掛け声で、スキー場のような坂を一気に上がって行き、頑張っていました。
いつも平坦なトラックで練習していたので、選手たちはきっと筋肉痛になることでしょう。

投てきチームは、フォームを安定させるためにコーチとみっちり練習しました。
今シーズン、やり投げで頑張っていた選手は、可能性を増やすために円盤にチャレンジしています。
いい表情で練習をしているので、来シーズンはやりと円盤の2種目で出場できたら嬉しいですね。
下半身強化のために、階段を使って筋トレしている時は苦しそうでしたが、その積み重ねがきっと選手を強くさせます。

車椅子レーサーチームは、大会後から体幹トレーニングをしています。
大きな大会を見てきて、タイムはもちろん、筋肉のつき方、姿勢がまったく違うことを痛いほど感じています。
レーサーに乗ってレースに出ることをクリアしたので、基本に戻ってトレーニングです。

大会シーズンが早く終わったぶん、来シーズンに向けて、課題をクリアするための時間はたっぷりあります。
1つずつ、コツコツとトレーニングして、成果が見えて来るといいなと思います。


令和元年度 通常総会

2019/08/07 7:59 に FPA事務局 が投稿   [ 2019/08/16 7:58 に更新しました ]

7月28日(日)、練習後の時間を頂きまして通常総会を開催しました。

前年度の活動報告、決算報告、今年度の活動計画  予算のすべてが承認されました。

今年度は前半に大会が集中しており、総会を開くのが遅くなってしまいましたが、選手の皆さんから積極的なご意見をいただき、今後の協会の運営に生かして行こうと思っております。

なお、今年度は初めての試みである「FPA合同練習会(合宿)」を予定しております。
もともとは、選手の皆さんからの要望があり実現したものです。
今後も選手の皆さんの意見を聞きながら、皆が一緒になって成長できる協会でありたいです。

福島パラ陸上競技協会は県外からの受け入れもしております。
「陸上がしたい」「体を動かしたい」その思いがあればどなたでも入ることができる団体です。
栃木、秋田、山形からも選手の皆さんが練習に来て、チームを盛り上げてくれています。

土台がやっとできて、まだまだこれからのチームではありますが、今後もどうぞよろしくお願いいたします。

第8回 練習会

2019/08/07 7:47 に FPA事務局 が投稿   [ 2019/08/16 7:57 に更新しました ]

7月28日(日)、田村陸上競技場におきまして練習会をしました。
今回は全国障害者スポーツ大会に出場する選手の皆さんと合同で行ったため、競技場にたくさんの選手の皆さんがおりました。

選手とスタッフを分け、FPAと全スポ選手をきっちり分けて、説明からトレーニングまで別メニューでした。
今までは全選手が同じ練習を行っていたため、ついていけなかったり、物足りなかったり、選手のニーズに合わせてメニューを組むことが難しかったことを踏まえました。

FPAとしては少人数となってしまいましたが、今までできなかったところまでコーチがついて見ることができるようになり、目立たなかった選手が前に出て引っ張っていくなどの、変化が見られました。

大会シーズンが終わってしまった選手ばかりなので、もう来年を見据えてのトレーニングが始まりました。

山形県からも仲間が来てくれたので、また刺激をもらって練習ができたようです。



1-10 of 60